CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

【ほぼ日刊】デザインな現場

徳島の熱血アートディレクターが綴る日常。
デザインな現場 第二章「365日デザイン物語」
<< デザインバーコード | main | 今年3つ目のデビュー・全国編!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
社名の由来(おまけ付)
最近、はじめてお仕事をご一緒
させていただく方が増えています。

今日もある方のご紹介で
今度新しくお店を出されるオーナーの方と
打ち合わせをしたのですが

そこでやっぱり聞かれるのが
この『アドファーレン』という
社名の由来についてなんです。


実は社名の由来はホームページに
アップをしているですが

僕の場合、ご新規さんはタウンページ・・・
ではなくて、今一緒にお仕事をしている
クライアントさんからのご紹介が多く
(実はこれが一番ウレシイ!)

大体の方が名刺交換をしてはじめて
ホームページの存在を知るわけですから
ある意味矛盾しているのです。


対してブログを見てくれている方は
以外に多いこともわかってきたので、
今後はこの仕組みも、もう少し
考えていかなければと思っています。


ということで、社名の由来をその場で
お話するのも結構大変ですので(笑)
このブログでもぜひぜひ、
ご紹介しておきたいと思います。




AD[アド]。ここでいうADとは
ART DIRECTION(アートディレクション)の略であり、
FAHREN[ファーレン]とはドイツ語で
「乗り物で移動する」という意味。

乗り物で移動するという行為がアートディレクションの
プロセスともオーバーラップするとの考えから、
「『デザイン』という乗り物が企業のイメージを運ぶ」
という風に捉えたのです。

人がどこかに移動する際には、
必ずその目的や到達地点がはっきりしています。
移動手段に始まり、そこにかかる経費や時間、
ルートなどもしっかりと把握しておくはずです。

それが曖昧な判断であれば無駄も多くなるでしょう。
目的地に到着できないということも考えられます。

普段当たり前のように行っているこれらの行為は、
実は広告の世界に置き換えても同じことが言えます。

目的の本質を見極め、明確な到着地点を判断し、
その経路、手段などを考えていく必要があるのです。

ただし私達は機械や道具ではありませんし、
モノを運ぶためだけの仕事、というわけでもありません。
乗り物や機械は便利でありながら、それを扱う人や
扱い方によって良くも悪くもなります。

どの世界にもルールがあり、その中でそれらを
扱う人々のモラルが問われているのも事実なのです。

あくまでもツールはツールであって、
考え、判断し、実行していくのは
最終的には人ということになるでしょう。

原点は“アナログな発想”であり“人”であり、
最終的に行き着く先もまた“人”であると考えています。



以上がホームページにも掲載している
アドファーレンの社名の由来ですが

このブログ用にちょいとおまけを・・・

実は社名については字画も調査済みで
英字表記、カタカナ表記いずれも
“財名共に得て、商売大発展、大事業を為す”
というお墨付きなのです(結構こういうの気にします)

なのでカタカナ表記でたま〜に
アドとファーレンの間だに・(なかぐろ)を入れて
『アド・ファーレン』と表記される場合がありますが
これだと一画増えてしまいますので…( ̄▽ ̄ι)

それから最後に・・・
この社名については究極のおまけがあるのですが…

これは事務所でお会いした方にだけ、
こっそりお教えすることにいたします!( ̄ー+ ̄)キラーン


| アドファーレンなできごと | 00:00 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
字画まで考えていたのかー!さすが。

ちなみに前社名の由来は聞いたけど理解できんかったことだけは覚えてるゾ(笑)

「究極のおまけ」気になる〜!
| oct | 2006/04/24 11:59 AM |
前の社名は忘れてください!

・・・いや覚えとらんか…(笑)

究極のおまけを聞きにまた
事務所に遊びにきてくださ〜い(笑)

| | 2006/04/24 3:57 PM |