CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

【ほぼ日刊】デザインな現場

徳島の熱血アートディレクターが綴る日常。
デザインな現場 第二章「365日デザイン物語」
<< おおぐり歯科さん-2 | main | 安全と安心。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ピンチはチャンス
今日、仕事でお世話になっている
ある会社から、間違って
印刷所に送るはずのFAXが届きました。

このままでは連絡の行き違いがあると
困るだろう…そう思い、その会社に電話。

送った当人は電話には出られなかったので
代わりにその先輩と思われる方に
詳細をお話して伝言を頼んでおいたのです。

先輩の方からは丁重に「すみませんでした」
と言う言葉をいただきましたが
それ以降、当人からは何の音沙汰もない。



もちろん、間違いは誰にでもあること。

問題は、“僕がなぜ電話をしたか”
ということにあるのだと思うのです。

「FAXを何枚も送られて迷惑だ!」という
電話なら先輩の「スミマセン」で良かったのかもしれません。


だけど僕がした電話は
「大事な連絡事項に不備があったら困るだろう…」
ということをお伝えする電話だったんですよね。


僕がここで必要だと思ったのは

ミスをした当人からの“ありがとう”の
ひと言ではなかったのかと思うのです。



先日、とある編集者の方からこんなお話を聞きました。

日本を、いや世界を代表する著名な建築家への取材で
新人の編集者がヘマをやらかしたそうなのです。

その建築家は「もう取材は一切受けない!」
と激高したそうです。

雑誌は後戻り出来ないところまで進行していたので
編集部の上司は覚悟を決めた上で、
その新人にはとにかくその日の内に謝罪するために
東京にある編集室から大阪にある
建築士の事務所まで向かわせたのです。

20歳そこそこの女の子が
世界を代表する建築家の元へ向かうのです。

足が震えてすくんでしまうような状況です。

逃げ出したいような状況です。

しかしその新人ちゃんは
勇気を振り絞って行動を起こしたのです。


取材先へ編集部としての誠意を見せること。

そしてもうひとつ。

新人ちゃんがこの先仕事をしていく上で
いやいや、何より生きていく上で・・・
その上司はきっと技術よりも大事な何かを
教えたかったのでしょう。。。




門前払いをくらってもおかしくない状況で
その建築家は新人ちゃんの熱意を
正面からしっかりと受け止めて
改めて取材の申し入れを快諾したそうです。



久々に熱くなりました。。。



おそらくこの出来事は
新人ちゃんの中で
きっと大きな糧となって
残っていくのでしょう。





もちろん話の規模は違いますが…
今回このFAXでミスをした子が
言葉のひとつ、いやメールのひとつででも
何かを伝えようとしてくれていたなら
僕の中でその子の印象はきっと
良い印象として残っていたに違い有りません。

でも、残念ながら・・・
今その子の名前を聞いてもそれは
決してプラスには働かないんです。



この二つの話しには共通点がります。


それは、ピンチは間違いなく
チャンスでもあるということ。


ピンチをマイナスで終わらせるのか
プラスで終わらせるのか。

それは相手にとっても自分にとっても
とても重要なことに成りうるということなのです。

これはきっと僕自身もいろんな場面で
直面している事なんだと思います。



起こった問題に背を向けるのではなく
正面で向き合って、解決していくこと。


“誠意”という言葉の大切さを改めて
考えさせられた出来事でした。


| アドファーレンな思考 | 00:00 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
こんにちは。
機転の効かない子って、やっぱいますけど、
(僕も効かないこと山のごとしですが…)
最後は『誠意』とか『ハート』があれば、全然OKなところもあると思うし…。
上っ面だけのマニュアルで仕事してても、おもしろくもなんともないだろうに…。

ADさんのこの日記には優しさに満ちていますが、その新人さんはコレを読んで「はっ」とできるでしょうか。

ここにコメントでも、いいですよね〜。

若者は先輩たちに甘えてもいいけど、感謝してほしいですね、せめて。
| チーフデザイナー | 2007/06/29 12:45 PM |
こういう話には、アンテナがピンと立ちます。
企業のコミュニケーションをつかさどる私たちは、まず自分のコミュニケーション能力を磨くことが大切だと思っています。最近は、何でもメールですが、それにしても、礼儀やマナーはあると思います。さらに、相手に「伝わっているかな」という不安を抱かせるようなやりとりは論外だと思います、よね?
| ヒトミ | 2007/06/30 8:10 AM |
チーフさん、こんにちは!
考え方が古いのかな〜と思いつつも
自分に正直になってみると
最後はそういうことしかない!って
思たりしてしまいますね。
あ…おそらくこのブログは
見てないでしょうね。。。(;^_^A


| | 2007/07/01 7:39 PM |
ヒトミさん、こちらでは
はじめまして!ですね。
コメントありがとうございます♪
おっしゃる通り…と僕も思いますよ、はい。
こういう事って本当は
とてもシンプルなはず。。。
こういう経験を通して自分自身も
見つめ直していかなくちゃいけませんね!
| | 2007/07/01 7:45 PM |