CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

【ほぼ日刊】デザインな現場

徳島の熱血アートディレクターが綴る日常。
デザインな現場 第二章「365日デザイン物語」
<< ADついにADデビュー! | main | 情熱熱風ディレクション その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
情熱熱風ディレクション その1
レンタルブティックアズさんの
成人式用振袖パンフレットの一部が
今日、やっとこさ手元に届きました!





年明けから絶好調のこのパンフレット!!
ご紹介したくても、
手元に控えが全くない状態。。。


というのも、このパンフレット…
封入だけでひと手間もふた手間も
かかるパンフレットでして・・・


おっと、それはこれからじっくりと
アドファーレンのアートディレクション
でお話して参ります♪




今回も制作にあたり、
パンフレットの目的を
確認することはもちろん…
まずクライアントと業界全体の現状などを
把握することからはじめました。


この時期に送られる成人式カタログ
というのは本当にたくさんあって
例えば全国展開するショップさんであれば
中央でボリュームのあるカタログをまとめて
制作した上に、それらを郵送するのも一度ではなく、
二度三度と送るといった具合に、
圧倒的なボリュームで攻めるのだそうです。

…現状を考えれば、これは正面きってチカラで
争う考えをまず除外しなくてはいけません。(^^;)



さらには独自で事前にリサーチした結果
アズ=振袖=和装というイメージが
意外にも、まだちゃんと定着していない
という問題点も新たに見つかりました。



パンフレットではアズさんらしさを表現しつつ
アズ=振袖=和というイメージを植え付けること。

そして競合するお店との差別化を計りながら
お店に足を運んでいただくための選択肢に
選ばれるための表現が必要だと感じました。\(・∀・)/


これはアズさんのブログにも
書かれていましたが…

まず最初の打ち合わせで
「封筒は透明のビニール封筒で…」
というお話をお聞きました。

もちろんシンプルにわかりやすく…
そして予算なども含めたカタチとして
それもひとつの選択肢ではあったのかもしれません。

でも僕は、思わず・・・

「そこから変えていかなければ
今回のパンフレット作りは戦う前から
敗れている戦の準備をしているようなものです。
それなら制作費がもったいないですから
作ること自体考え直しませんか。。。」

そう言ってしまっていたのです。
(もちろん本心でやめよう…
ということではありませんよ(;^_^A )

でも、その時まず感じたのが、
僕なら、たくさんの振袖カタログが届く中で
ビニール封筒に入った封筒が届いても
まず中身までは見ないだろうな…
ということだったのです。

パンフレットを届けても
パンフレットを見る前に
捨てられてしまっては
勝負にすらなっていないわけですから。。。


でも、この答えは単純でした。

それならまず、届けられたものが
捨てられない。捨てたくない。
そういうものを作ろうということ!

もちろん…
大きさや厚みや数量といった
チカラでの勝負を正面きって挑むのではなく
この場合も、限られた枠組や制約のなかで
アズさんらしいパフォーマンスが
どれだけ出来るかということにポイントを置いて

単にゴージャスだったり奇抜だったり
ということではなく、まず一番に目にする
封筒にどれだけオリジナリティとメッセージを
組み込むことが出来るかを考えたのです。


最初に述べたキーワードのひとつ。

アズ=振袖=和のイメージ

コレをクリアするための
封筒作りがはじまりました。


まずやわらかくて風合いがあって
和をイメージさせる
玉しきという紙をチョイス。




紙ひとつでもこうやって
和の雰囲気を表現することが出来るんですね!



そして、そこからは着物を連想させる
ディテールとかわいらしさや美しさ、
はたまたアズのオリジナリティ
といった表現を模索していきました。



千代紙のような文様をコラージュしてみようか。

玉しきの柄を活かすために
色のついた封筒をもうひとつ作って
着物の合わせのように見せようか。

特色を使って金箔をチラしたような
表現は出来ないか。などなど・・・



そうして試行錯誤を繰り返しながら
やっと思いついたのが、機能も兼ね備えた
封筒のある部分への仕掛けだったのです。。。




(つづく)



| アートディレクション | 00:00 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
こんにちは。
ビニールのくだりなんて、
まさに敵と同じリングに上がろうとするお客さんを、ADさんの『ズバッとプロのアドバイス』で、自分達のリングを作っちゃった感じですね。「玉しき」なんていう紙、普通の人は知らないですからね。思わず「うんうん」となりました。
僕も、デザイナーがお客さんの固定観念を崩すことが、簡単なことではないと実感しています。
アズさんの場合はリングサイドにADさんがいるから、安心して戦えそうですね。(ニコ)v ←絵文字
| チーフデザイナー | 2008/01/31 2:13 PM |
チーフさん、こんばんは!
何とも素晴らしい解説あっざーーす!!
うれしいっすー!(≧▽≦)
お互いに…クライアントの
いいセコンドになりませう〜!!!
| | 2008/01/31 10:00 PM |
ADさんはクライアントにとって間違いなく
よきセコンドでございます。
| えみ | 2008/02/01 9:52 PM |
えみさん、こんばんは♪
そして、ありがとうございます!!
本番のリングの上だけでなく
日々の様々な想いを共有して
はじめてパートナーとしての
信頼関係が得られるのでしょうね。
やはり一朝一夕でこの関係は
成り立たないですよね!
| | 2008/02/02 1:50 AM |