CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

【ほぼ日刊】デザインな現場

徳島の熱血アートディレクターが綴る日常。
デザインな現場 第二章「365日デザイン物語」
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コジコジヘア その2
さて、昨日のつづきです。

音やリズム、テンポを活かして
オーナーのキャラクター、
コジコジヘアと言う店名、
ゆるさ、楽しさ、ワクワク感などを
うまく表現できれば。。。

“コ・ジ・コ・ジ・ヘ・ア”という響きを
動きのあるカタチへ落とし込むために

オーディオ機器の
イコライザーのようなカタチ。

モールス信号のようなカタチ。

ボールが跳ねているようなカタチ。





点と線でおもしろく楽しく
そしてオシャレに・・・
試行錯誤を繰り返しました。



そうして作業をすすめていくウチに

自分自身が何度も「コジコジ、コジコジ」と
呪文のように唱えていることに気付いたのです。


「あ!」・・・と、その次の瞬間には
鏡の前で「コ・ジ・コ・ジ」と
口を動かしている自分がいたのでした\(・∀・)/



そーや!

コジコジ”という言葉を声にした時の
唇のカタチをそのままロゴにしよう!!!



いや、ホントにこんな感じで
決まっていくんですよ、僕の場合…δ(⌒〜⌒ι)


で…、そこからはカタチの整理と
店名との整合性を埋める作業に
時間のほとんどを費やしていきました。













そうして出来たロゴがこちら。






それから、この“動”の要素を持ったロゴの魅力が
店内でも思う存分、活かされるよう建築士さんや工務店さん、
印刷所の方々などいろんな方のご協力をいただき
入口の一番大きな壁にマグネット式で
自由に動かせるロゴも創っちゃいました(* ̄∇ ̄*)>




この壁、塗装の下はナント鉄板なんですよ!ъ( ゜ー^)



ほら、こんな風に子供たちが遊びながら…





カタチを自由に変えることだって出来ます!






・・・。

子供たちよ、これは変えすぎやろ。( ̄∇ ̄;




もちろん、遊びだけではありません。
ここは入口の大事なスペースでもありますから、
例えばこのように・・・




イベントの告知など、実際にマグネット
としても機能的に使うことができるんです♪


とにかくこれがコミュニケーションのきっかけになったり

コジコジヘアの楽しい雰囲気を
伝えるためのアイコンになったり。。。


聞けば、大人も子供もみんなが
マグネットと知るや、それを動かして
遊んで帰っていくそうなんです!!
う〜〜ん、これこそ
まさに思い描いていた通りの展開!(*^▽^*)


コジコジのマークも実際に
話題のネタにもなっているようだし

何より「オーナーさんらしい」という声が
圧倒的に多いということを聞いて、
それが何よりうれしかったです!!!




コンセプトブックも昨日
やっと出来上がってきました!





お店の設備や機能、サービス内容をうたうのではなく
お客様に何を提供し、何を感じて欲しいサロンなのか。。。

オーナーさんらしさと、お店の目指すところを
カタログとしてではなく、コンセプトを
伝えるためのミニブックとして制作しました。





こちらもぜひぜひ手にとってみてください!

きっと「コジコジヘア」の、

そしてオーナーさんのこだわりを
感じていただけると思いますよ!\(・∀・)/




最後になりましたが

自ら志願して、ロゴ打ち合わせの現場にも
熱心に足を運んでくれた建築士の開さん

城南建装のSさん。

サイン関係でお世話になったKさん。

カメラマンとして大活躍してくれたPちゃん。

そして、写真撮影に協力してくれた
コジコジヘアのお客さんたち。



皆さんにホントーに感謝、感謝です!(*^▽^*)




| アートディレクション | 00:00 | comments(6) | - |
コジコジヘア その1
このブログでもご紹介してきました
美容室がついにオープンしました!

お店の名前は
『COZY COZY HAIR(コジコジヘア)』

COZY=居心地がいい

お客様にとって心地よい美容室を目指す
そんな想いでつけられた名前です。


まず…このオーナーさんとは
年は僕の方が2つばかし上になるのですが
全職場で同期入社だった旧友。


みんなから親しまれ
愛されるキャラクターで
彼から美容室のロゴやツール一式の
デザイン依頼を受けたときは、
とにかく彼らしさをいかに表現するかが
ポイントになる、そう思ったのでした。

というのも・・・
特に個人で経営するサロンの場合は
特別凝った箱や設備で他店と差別化する
というのは難しいのが現状です。

様々なコンテストで賞を総ナメ。
全国で名をはせ開業前から話題の的・・・
なんてことでもない限り、いきなり
超売れっ子美容師なんてコトには
ならないわけですから。。。

美容師は技術はもちちろんですが
ホストやホステスさんのように
お客様のハートを掴む話題(トーク)や
キャラクター(存在感)が必要な
職業ではないかと思っています。

コジコジヘアでは彼のファンを
つくっていかなければいけないし
それこそがお店のアイデンティティ
になっていくはずです。

もちろん彼ならそれが出来るという
確信を持っていましたし
だからこそ彼らしい表現は
ゼッタイに必要不可欠だと考えたのです。


最初の素案ではオシャレな案もありました。





でもオーナーの個性を活かしながら
同時に認知度を高めていくには
まずキャラクターを設定してみては
どうか・・・そう考えたのです。


それが本人をシルエットなどで
シンボルにしてしまう案。
名付けて「ボス・シリーズ」です。

このキャラクターが冬はマフラーをしていたり
レディスデイには髪飾りをつけたり。

さらにアイスラッガーをつけたパターンは
子供の日の特別仕様だったり!

ただ、さすがにこれはオーナーが前に出過ぎる…
ということでボツになりましたけどδ(⌒〜⌒ι)




なかなか個性的ではあったんですけどね(笑)



それから別のキャラクターに置き換える案を
いろいろと出してみました。
オーナーさんからはこの方向で…
というような意見もありましたが
自分的にもどうもしっくりこない。。。

僕が知っているオーナーさんらしさって何だろう…
よくわかっているはず。
いや、逆によくわかっているからこそ
そこからカタチにするための作業が
とても難産になってしまったのかもしれません。

とにかくそこからはロジカルに…
集めてきた情報を少しずつ整理していきました。


オシャレだけど気取りがなくって

少年のような純粋さがあって

楽しくて、周りはいつも笑顔がたえなくて・・・

とにかくそんなオーナーさんの
キャラクターを押し出しつつ…

サロンぽいオシャレさも表現したい。

コジコジヘアという名前も認知させたい。

だったらシンボルを2枚目半的な
カタチにしたらどうかな?とかね。


そしてやっと・・・

シンボルをリズムや響き、音といった
今までになかったコンセプトで
表現することを思いついたんです!



(明日につづく)


| アートディレクション | 00:00 | comments(0) | - |